空に大輪 若き才能 高崎・倉渕で若手対象の花火コンクール

©株式会社上毛新聞社

 40歳以下の花火師を対象にした花火競技会「高崎HANABIコンクール」が1日、群馬県の道の駅くらぶち小栗の里(高崎市倉渕町)で初めて開催された。色とりどりの花火が冬の夜空を彩り、秋田県の今野貴文さん(28)の「夜空に煌めく生命の曼陀羅(まんだら)」=写真=が優勝した。

 大会は市倉渕支所や地元商工会などでつくる実行委員会(大会会長・内山充上毛新聞社長)が主催し、20人が出場した。若年職人に限った競技会は全国初。