ももクロ百田さんサプライズ登場 宇奈月温泉街「雪のカーニバル」

©株式会社北日本新聞社

冬の温泉街を鮮やかに彩る花火=黒部市宇奈月温泉(多重露光)

 第74回宇奈月温泉雪のカーニバルは1日、黒部市の宇奈月温泉街で行われ、たいまつウオークや音楽花火など多彩な催しが繰り広げられた。昨年4月に同市内でライブを行ったアイドルグループ「ももいろクローバーZ」の百田夏菜子さんがサプライズで会場に姿を見せ、来場者を沸かせた。

 音楽花火はももクロの曲に乗せて約2千発が打ち上げられた。百田さんは花火開始前の午後8時40分ごろ、宇奈月公園の特設ステージに登場。ステージ上からファンと握手したり、言葉を交わしたりしながら一緒に花火を観賞した。「私たちの曲で花火が上がり、まちがこんなに盛り上がって本当に幸せ。また黒部に来たいです」などと話した。

 会場にはファンを中心に約千人が集まった。百田さんの突然の登場にざわめきながらも、ペンライトを振って大きな声援を送った。高岡市宝町の会社員、村本恵理さん(31)は「言葉にならないくらいうれしい。ライブ以外で来ることは珍しく、完全なサプライズでびっくりした」と話した。

 イベントは実行委員会(中島昭彦委員長)が毎年開催。来場者がたいまつを手に温泉街を練り歩くたいまつウオークや、地元のイノシシ肉が入った鍋の振る舞いなども行われた。

 今年は雪不足で雪像コンテストとたいまつスキー滑降が中止となり、ご当地アイドル「Chulip(チュリップ)」と市町村PRユニット「いろどり錬磨」のステージなどを新たに企画した。雪上花火は1月4日から始まっており、4月11日まで毎週土曜午後8時半から打ち上げる。

盛り上がる来場者を入れて動画を撮影する百田さん(左)
ファンに手を振る百田さん(左)
突然の百田さんの登場に沸き上がる来場者たち
サプライズでステージに上がり、笑顔を見せる百田さん
子どもたちがたいまつを手に温泉街を練り歩いた
地元のイノシシ肉が入った温かい鍋を振る舞うスタッフ