ロバート・秋山にぴったりの役!? 名作「はだかの王さま」を一人芝居で熱演!

©株式会社東京ニュース通信社

NHK Eテレの学校放送番組「おはなしのくに」(月曜午前9:00)では、ロバートの秋山竜二、浜野謙太、浜辺美波がそれぞれ出演する「海外名作シリーズ」を2月3日より3本放送する。

同番組は、幼稚園、保育所から小学校3年生向けに読み聞かせや読書の楽しさを伝える番組で、1990年の放送スタートから30年を迎える長寿番組。今回は、これまで放送してきた日本の昔話シリーズに続く「海外名作シリーズ」として、秋山が王様を演じるアンデルセン童話「はだかの王さま」(2月3日放送)、浜野が4匹の動物を演じ分けるグリム童話の「ブレーメンのおんがくたい」(2月17日放送)、浜辺がグレーテルを演じるグリム童話の「ヘンゼルとグレーテル」(3月2日放送)の3本が放送される。

「はだかの王さま」で、秋山はペテン師の言葉に惑わされる王様の心情を表情だけで演じたほか、大臣や家来、町の人々までさまざまな役柄に挑戦。「普段から裸になる自分としてはぴったりなお話でうれしかったです。昔から見ていた番組なので一生懸命挑みました。収録前日に日焼けサロンにも行っておきました」と準備万端で収録に臨んだそう。

「ブレーメンのおんがくたい」で飼い主に捨てられたロバ、犬、猫、オンドリの4匹の動物たちを演じ分け、歌とトロンボーンの演奏も披露する浜野は「子どもたちには単純に笑ってもらえたらうれしいです。なかなかブレーメンへ行かないところや、動物がタワーになって脅かすところ、泥棒がびびりすぎて間違えまくるところをおかしなこととして笑ってほしい。昔話の教示的な雰囲気を超越して笑えるものになっていたらいいなと思います」と楽しみながら見てほしいと強調。

「ヘンゼルとグレーテル」で、グレーテルが恐ろしい魔女と対峙(たいじ)するシーンを迫真の演技でみせた浜辺は「幅広い年齢とキャラクター設定の役を一度に演じることは初めてだったので新鮮でした! 知っていた物語をもう一度考え直すことにより新しい発見があって、たくさんの物語を読み返したいなと思いました」と話している。