海自護衛艦、中東へ出航

P3C哨戒機とともに活動へ

©一般社団法人共同通信社

中東海域における日本関係船舶の安全確保のため、情報収集に当たる海上自衛隊の護衛艦「たかなみ」が2日、海自横須賀基地(神奈川県)から現地に向けて出航した。司令部要員を含め約200人が搭乗。今月下旬に到着する予定で、1月から任務に就いたP3C哨戒機とともに本格的な活動が始まる。