オリ、宮城&前の高卒コンビが目指す未来 「将来はこのチームを引っ張っていく」

©株式会社Creative2

オリックスのドラフト1位・宮城大弥(右)と同4位・前佑囲斗【写真:橋本健吾】

ロッテ佐々木朗にライバル心を燃やす前「高校時代から改めてスターだったんだなと」

 昨年、日本代表にも選出され高校球界を沸かせた2人の投手がプロでのスタートを切った。オリックスのユニホームを着用して今キャンプ初めてのブルペン入りしたのはドラフト1位ルーキー・宮城大弥投手、同4位・前佑囲斗投手。

 左腕・宮城と右腕・前の高卒コンビは共に並んでブルペン入り。立ち投げだけだったが力強い直球を投げ込み首脳陣たちにアピールを続けた。宮城が「緊張はしなかったがシュート回転したボールもあった」、前も「少し力みはあった」と自己分析し課題を口にした。

 2人は昨年、U-18高校日本代表「侍ジャパン」に選出され世界の強豪相手に立ち向かった。高校ではトップクラスの実力を誇った2人もプロ野球の世界に入れば一からのスタート。技術、体力を強化しながら近い将来の1軍デビューを目指していくことになる。

 同級生ではロッテのドラフト1位ルーキー・佐々木朗希がキャンプ1軍スタートとなり、その一挙手一投足がニュースとなり世間を賑わせてている。同級生の活躍ぶりに宮城はおっとりとして口調で「人に興味がないので」と苦笑いを浮かべたが、前は同期の活躍を強く意識していた。

「やっぱりニュースとかで佐々木を見て高校時代から改めてスターだったんだなと思いました。でもプロに入って、この世界は抜くことができる。そのために段階を踏んで成長していっていきたい」と、ライバル心を口にしていた。

 宮城と前は共に実力を認め合い、切磋琢磨しながら中心選手になることを夢見ている。ロッテ佐々木朗、ヤクルト奥川らライバルたちに負けるつもりは毛頭ない。前は「右と左(宮城)なので。将来はこのチームを引っ張っていけるように頑張りたい」と活躍を誓った。(橋本健吾 / Kengo Hashimoto)