荒木宏文、デビュー15周年でファンに感謝「一つ一つの作品が見てくれた人の記憶に残るように」

©株式会社東京ニュース通信社

現在、数々の2.5次元舞台で活躍する俳優・荒木宏文が、デビュー15周年を記念し、セルフプロデュースのフォトブックを発売。これを記念したイベントが、1月31日に東京・書泉ブックタワーで開催された。

イベントの前に行われた会見で荒木は、「構成もゼロから考え、こういうものにしたいという下書きが頭の中にある上で進めていたので、イメージ通りの形になりました」とフォトブックが出来上がった感想を。さらに、「MARCOさんに写真を撮っていただくことによって、こういう表情も取り入れることができるなというのが生まれたので、中身に関しては想像以上です」と満足げに語り、「自分がイメージしていたものよりも、世界観が色濃くはっきりと、深みのあるショットを見つけられました。大まかな作りのビジョンは予想通りに、中身の濃さはより深いものが出来上がったんじゃないかなと思います」と自信を見せた。

なかでも「これこそまさに“深み”につながっているんじゃないかな」と、「撮られていることに気が付いて、笑って、ポーズをとるまでの流れをそのまま使った」というお気に入りの見開きのショットを紹介。「基本的に、写真を撮る時に要求されるのはカメラ目線じゃないですか。今まで芸能生活を送ってきて、写真集でもやっぱり、決めカットを撮ることが多くなるイメージがあったんですけれど、MARCOさんは『撮り始めます』『こういうショットをください』という前の状態で、先にシャッターを切り始める方なんです」と撮影を振り返りながら、「いつのまにか撮られていて、『こっちを向いてください』と言われてカメラ目線になったり、言われる前にシャッター音に気が付いてポーズを始めたり。そういうことが多々あったので、表情にゆとりを持つことができて、ナチュラルな部分から決めに入るショットまで、いろいろな写真を選ぶことができました」とほほ笑んだ。

そんな充実した時間を過ごした撮影は、ロケパート、スタジオパートともに、荒木のアイデアが満載。なかでも、衣装はすべて自身でスタイリングをしたという。「衣装を借りてきてくださったり、買い付けてきてくださっても、その瞬間に僕は立ち会っていないので、どうしてもフィッティングをしていない分、サイジングの違和感って微妙に出てくるんです。自分が着て奇麗かどうか、自分の体のラインの生かし方やごまかし方、すべてを理解して自分に合う服を選ぶことができるのが、自分でスタイリングすることによる利点だと思います」と、服へのこだわりも明かした。

デビュー15周年を迎えた荒木のプロジェクト「荒木宏文15th anniversary project『History』」の「EP3」(=第3弾)にあたる今作。バースデーイベントを行った「EP1」、2013年にBSフジで放送されたD-BOYS・鈴木裕樹との冠番組「ズキ☆アラ」を復活させた「EP2」を経て、「EP3」では「写真や紙の上で、2Dのエンターテインメントを提示したかった」という。「『History』というタイトルからは、物語や歴史をイメージすると思うんですけれど、フォトブックでは時の流れを表現して、1日の流れを一つの作品にまとめたかったんです」と、プロジェクト名と同じタイトルが付けられたフォトブックのコンセプトを述べ、「写真やイラストといった2Dでの表現にテーマを置きながら、朝から夜にかけての時間軸を意識しました」と語った。

荒木が特別に思いを込めた“2Dでの表現”は、ファンの間でも話題に。これまで荒木が演じてきた歌劇「明治東亰恋伽」、ミュージカル「刀剣乱舞」、舞台「ACCA13区監察課」のキャラクターイラストを手掛けたイラストレーターや漫画家たちが描いた“荒木宏文”のイラストが、フォトブックに掲載されている。そんなスペシャルなコラボレーションに荒木は、「普通にデッサンされたらどうしようという恐怖はあったんですけれど、作品のタッチをそのまま生かして僕を描いてくださって、思いを汲み取って描いていただけたのかなと、すごくうれしかったです。2.5次元作品に出たという意味につながるイラストを届けてくださいました」と喜びながらも、「同時に、今後2.5次元作品をやらせていただく上での課題も見つけられました」と真剣なまなざしに。「僕を描いてくれていても、イラストだったらこういうふうに表現して、こんなシルエットや体のポージングになるんだ、と。原作のキャラクターに、0.5次元を足す表現をするには、この骨格を作らないとこういうふうにはならないんだ、3次元と2次元の間ではこれだけ差があるんだ、と思いました。今の僕には足りないものをイラストから感じて、今後に生かせる題材になりました」と、作品へのストイックな姿勢を見せた。

周囲からもフォトブックの反響は上々なようで、「ビジュアルを出した時が、ミュージカル『刀剣乱舞』歌合乱舞狂乱 2019で全国を回っている最中だったので、『あの写真やばいですね』『中身が楽しみです』と共演者の人たちが言ってくださいました。発売してからは、(フォトブックの)対談相手の1人である松岡充さんが、先日共演した時に、出来上がりを大変喜んでくれていました」とにっこり。さらに、「うれしいことに、写真集を買うほどではないかなという方や、対談相手のファンの方に、僕のファンの方が『ぜひ読んでいただきたいのでよかったら受け取ってくれませんか』って、渡しているらしいんですよ。『荒木さんのファンからいただいたんですが、すごく読み応えがありました。感動しました』って対談ページの感想を松岡さんに届けてくれている方もいらっしゃるみたいです」と、ファンの熱量を感じさせるエピソードも。「ファンの方の活動によってたくさんの方に見ていただけているんだと、ここ数日すごく感じています。僕のファンは、昔ながらの“親衛隊”という言葉が似合うような、僕を支えてくださっている方ばかりです」とファンへの感謝を述べた。

あらためて、15周年を迎えたことについて、「こうやって形にできたことで、感謝を伝える1年になりました。今年の6月で15周年をやり遂げることになりますが、そこからはまた、心機一転、頑張らなければいけない新しい活動がたくさんあると思います。一つ一つの作品が、見てくれた人の記憶に残るものにできるように、精いっぱい頑張っていきたいです」とコメント。

さらに、「20歳でデビューして、すごく生意気だったと思います。言い方を変えると自分のビジョンがはっきりしていて、それを常にマネジャーに言っていたので、すごく面倒臭い役者でした。でも、それに向き合って投げ出さずにマネジメントしてくださった方々がいたからこそ、仕事を続けることができたし、信念を持って仕事をしていたから、応援してくださるファンの方がついてきてくださいました。離れずにずっと応援してくれている方がいるから次の作品につながるし、また新しく僕のことを知って、応援してくれる人が増えていったからこそできていることです」と芸能生活を振り返り、「僕の努力というよりは、ファンとマネジャーの方々が仕事をつなげていってくれたんだと思います」と感謝の言葉を伝えた。

最後に、「いつも応援ありがとうございます。あまり荒木宏文として皆さんの前に立つことがないので、作品でしか僕のことを見ることがなかったり、こういう部分を知らない方もいらっしゃると思いますが、今回、荒木宏文としての2D作品を作り上げました。写真やイラストという形で、気に入ってもらえるページが見つかればうれしいですし、対談ページも親睦の深い相手を選んだことで、普段のインタビューでは話しづらいことや、普通ならカットされるようなこともいっぱい話しています。インタビューページも読んでいただければ、僕のことをより理解してもらえて、知らない一面をさらに知ることができるような作品になってます。ぜひ隅々まで読んでいただけるとうれしいです。よろしくお願いします」とファンに向けてメッセージを送った。

【プロフィール】


◆荒木宏文(あらき ひろふみ)
<近年の主な出演作>
ミュージカル「刀剣乱舞」にっかり青江役
舞台「ACCA13区監察課」ジーン・オータス役
舞台「幽☆遊☆白書」コエンマ役
歌劇「明治東亰恋伽」森鴎外役
舞台「『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rule the Stage -track.2-」伊弉冉一二三役