本木“道三”の顔は見ない、尾美としのり「化かし合うのが面白かった」

©株式会社東京ニュース通信社

NHK総合の大河ドラマ「麒麟がくる」(日曜午後8:00)の第3回より、土岐頼芸役で出演している尾美としのりが、役作りや撮影の様子を語った。

同作は、戦国武将の明智光秀(長谷川博己)を主人公に、織田信長(染谷将太)、斎藤道三(本木雅弘)、豊臣秀吉(佐々木蔵之介)、徳川家康(風間俊介)ら歴史に名を残す戦国大名たちが英傑となっていく姿を描くもの。尾美は、かつて道三と結託し、兄を守護の座から追い落とした過去を持つ美濃の守護で、道三に暗殺された土岐頼純(矢野聖人)の叔父にあたる土岐頼芸を演じている。頼芸を演じるにあたり、文献や資料を事前に読んだという尾美だが、「それで役づくりをするというより、現場で監督と話しながら頼芸像をつくり上げています。ですからシーンを重ねるごとに頼芸に近づいていっているという感じです」と手応えを語る。

また「明智光秀」には縁があるようで、「『おんな城主 直虎』(2017年)に出演した際にも光秀さんがいまして、『直虎』の光秀さんはすでに髪が白くなっていましたので、今回すごく印象が変わりました。光秀にも若いときがあって、いろいろなことがあり、年をとるとああなるのかと、そんなことをちょっと思ったりしました。2作品続けて明智光秀と絡むことになり、面白かったです」と話し、さらに「斎藤道三役の本木雅弘さんとはお芝居をするのが初めてで、今回共演できてすごく楽しいです。鷹の絵を描くシーンは、絵を描くのに一生懸命でしたが、絵を描きながら道三と化かし合うのが、なかなか面白かったです」と頼芸役を楽しみながら撮影に臨んでいる。

そして、「頼芸は道三のことを怖がっているし嫌っているので、あまり目を合わせたり顔を見たりはしません。『あまり近寄りたくない』と思っています。そして、どうにか道三の息子である斎藤高政(伊藤英明)と、家臣である光秀を手なづけようとします。そういうずる賢さが、全体を通して垣間見えたらいいなと思います」とアピールした。