結局欲しい? 欲しくない? あげる? あげない? バレンタインデー大討論

©ジグノシステムジャパン株式会社

高橋みなみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」。毎週月曜日は、CIAやFBIなどの内定を受けつつも辞退したベンチャー企業・執行役員のREINAさんとお届け。2月3日(月)の放送では、“バレンタインデー”についてトークしました。

「バレンタインデー」の起源は諸説ありますが、最も有名なのはローマ皇帝の迫害下で殉教した聖ウァレンティヌスに由来する記念日。世界的には“愛を誓う日”として浸透しています。

日本では1970年代後半から女性が好きな男性にチョコを渡すという習慣が根付いていますが、アメリカ生まれのREINAさんは5年前に来日するまで意識したことがなかったそう。というのも、アメリカでは“カップルの日”で、男性から花束やアクセサリーをあげるのが主流。イタリアやフランスでも当日は夫婦やカップルで過ごし、イギリスでは男性が女性に愛を伝える日なんだとか。

また、日本では“義理チョコ”や“友チョコ”、“世話チョコ”、さらには自分へのご褒美“マイチョコ”などもありますが、REINAさん的には義理チョコが最も理解できないと言います。

そこで今回は、「バレンタインデーっている? いらない?」、「今年、バレンタインデーにチョコを本命の異性に、あげる? あげない?」、「バレンタインデーに、チョコが欲しい? 欲しくない?」、さらには「本命へのチョコの予算」について、番組Twitterでアンケートを実施しました。

リスナーからは「毎年、夫と子どもにプレゼントしている」や「男性家族やお世話になっている人に感謝の気持ちを表せるチャンス“感謝チョコ”」といった声が届きました。さらには「自分用に本気チョコレートを買う。それが楽しみ」といったメッセージの傍ら、「一番面倒くさいイベント。街中の男子がそわそわしているのが好きじゃない」という人も。

最近はプレゼントを廃止している会社も多いようで、「会社での男性社員へのバレンタインは廃止。以前ちょっとしたトラブルがあった」、「女性社員全員に対してチョコ代の予算があらかじめ決まっている」といったメッセージもありました。

アンケートの途中経過では「チョコが欲しい」という人が多く、「欧米では頻繁に愛情表現するけれど、日本文化ではそこまでないだけに重要なのかな」とREINAさんが分析すると、たかみなも「思いを伝えやすいのかも!」と共感。

一方、男性からは「何もいいことがない無縁のイベント」、「チョコは欲しくない、医者に止められているから」や「お返しに頭を抱えてしまうので、早くなくならないかと思っている」という声も寄せられました。

その他にも、「ホワイトデーは3倍返しなんて昔あったなぁ」なんて当時を懐かしむツイートもあり、これには「それだったら私も渡すかも(笑)」とREINAさん。

バレンタイン問題にはたくさんのメッセージが寄せられましたが、REINAさんは「こういうのは時代に伴って変化していくものだから、何が正解で、何が不正解もない。自分で戦略的にこの機会を使えばいいんじゃないかな。自由に楽しめたらいいですね!」とまとめていました。

なお、Twitterアンケートの結果は、「バレンタインデーって いる? いらない?」で、「いる」は47%。「いらない」は53%。

「今年、バレンタインデーにチョコを本命の異性に、あげる? あげない?」は、「あげる」38%。「あげない」62%。

「バレンタインデーに、チョコが欲しい? 欲しくない?」は、「欲しい」が76%。「欲しくない」が24%。
「本命へのチョコの予算」は、「1,000円未満」が26%。「1,000円以上~3,000円未満」が46%。「3,000円以上~5,000円未満」21%。「5,000円以上」が6%でした。


【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2020年2月11日(火) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。


【番組概要】
番組名:高橋みなみの「これから、何する?」
放送日時:毎週月~木曜 13:00~14:55
パーソナリティ:高橋みなみ
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/korenani
番組SNS:
LINE=@korenani
Twitter=@KoreNaniTFM
Instagram=korenanitfm