クルーズ船内で3500人検疫

横浜沖、着岸せず終了まで待機

©一般社団法人共同通信社

横浜市沖に到着したクルーズ客船「ダイヤモンド・プリンセス」=3日午後8時3分(共同通信社ヘリから)

 厚生労働省は3日、横浜・大黒ふ頭沖に停泊したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の船内で、乗客乗員約3500人を対象とした大規模な検疫を実施した。香港人男性(80)が下船後の香港で新型コロナウイルスに感染したと確認されたことを踏まえた措置。船は横浜港に着岸せず、医師や看護師を含む検疫官が数十人態勢で乗船し、健康状態の確認を進めている。

 政府関係者によると、船内では7人が体調不良を訴えている。検疫では健康チェックをした上で、発熱などの症状があればウイルス検査を行う。検査結果が判明し、全員の検疫が終了するのは4日午後以降の見込みで、それまで全員が待機する。

横浜市の大黒ふ頭沖に到着したクルーズ客船「ダイヤモンド・プリンセス」=3日夜