秋野参院議員と県議が意見交換 県庁、整備方式巡り 新幹線長崎ルート

©株式会社長崎新聞社

 九州新幹線長崎ルート未着工区間の新鳥栖-武雄温泉の整備方式を巡り、県議有志と与党検討委員会メンバーの秋野公造参院議員(公明)は3日、県庁で意見交換した。
 会合は冒頭を除き非公開。秋野氏は終了後、記者団の取材に「(議論が)佐賀県のせいで止まっているという雰囲気が本県内にあることを懸念している。課題を克服しようと議論を続けているところだと受け止めてほしい」と県議有志に説明したという。
 会合では並行在来線の問題など整備方式の決定に関する課題について意見を交わした。秋野氏は「在来線をどうするかが大きな鍵だ」と説明したという。佐賀県と国などとの協議について「冷静に見守っていただかねばならない局面もあれば、働き掛けをせねばならない局面もある」と記者団に話した。