「グループのために」Kis-My-Ft2に密着! デビュー10年目の先に見据えるものとは?

©株式会社東京ニュース通信社

フジテレビで2月14日から放送の「連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME」(金曜深夜0:55、関東ローカル)は、今年デビュー10年目を迎える7人組グループ・Kis-My-Ft2を特集。メモリアルイヤーを目前に控え、昨年行われたコンサートツアーが最終日を迎えた7月からの7カ月を追う。

ドラマや舞台、バラエティー番組とあらゆるジャンルで活躍し、幅広い世代から愛されているKis-My-Ft2だが、デビューまでの道のりは決して平たんなものではなく、後輩に先を越された苦い記憶もある。グループ最年長の北山宏光は、「なんでもない7人で、どうやったら人気が出るか考えてCDデビューできた。個人仕事もグループがないとできないし、最終的にはグループのためにやっている。自分のことを考えたらバラバラになっちゃう」と常にグループであることを意識していると話す。

そんな苦労人の一面も見せる彼らは、後輩から「兄貴」と慕われている。ジャニーズJr.内のユニット・Travis Japanの衣装や振り付けを手掛け、主演舞台にも足を運びアドバイスをする。後輩たちをかわいがるのには、過去に彼らが先輩から受けた愛がある。宮田俊哉は、先輩からの「みんな一人一人がグループを背負っていかないと」という言葉が今でも心に響いているという。「何かの中の一人じゃなくて、自分は自分ということ。それからずっとそういう意識に変わった」と言う宮田は、二階堂高嗣、千賀健永、横尾渉とともに、2月から始まる4人での初主演舞台に挑む。また、藤ヶ谷太輔は、舞台「ドン・ジュアン」でミュージカルに初挑戦するなど、それぞれが新たな挑戦を続ける。

さらに、グループとしても7人で新境地に挑んでいる。昨年秋には、台湾で開催された「ASIA FASHION AWARD 2019 in TAIPEI」に参加し、海外初パフォーマンスとなるライブを披露。玉森裕太は「世界中でキスマイを見られる時代。どこにでもその土地に行ってキスマイを見せたい」と今後に向けて意気込みを語る。さらに、大みそかには、悲願の初出場となる「NHK紅白歌合戦」の舞台へ。ローラースケートでステージを駆け抜け、お茶の間を沸かせた。

2020年、いよいよデビュー10年目という大きな節目を迎えるKis-My-Ft2。彼らは今、何を考え、どんな景色を見ているのか。そして、その先に見据えるものとは? 7人のリアルを描く。