立春過ぎて真冬化 北陸や山陰も積雪注意

木曜日の朝 太平洋側でも強い冷え込みに

©株式会社サニースポット

「立春」と聞くと、もう春も近いのかなと、思いたくなる頃ですが、今シーズンはそうは行きません。あすは、天気も気温も、次第に真冬化してきます。

秋田沖に予想される低気圧が、日本の東へと抜けたあと、シベリアの冷たい空気を持った高気圧が、強く日本列島に張り出してきます。また、等圧線の形は、真っ直ぐな縦じま模様ではなく、少し折れ曲がった予想となっています。このようなときは、山沿いに限らず、平野部でも雪が降り、あすの場合は雪の積もる所が多くなりそうです。

あすは、北海道から山陰にかけて、広く雪が予想されています。特に、北陸から山陰にかけて、沿岸の市街地でも、日中は雨から雪へと変わり、夜にかけては、雪の積もる所が出てくるでしょう。北陸~山陰では、今シーズン初の積雪となる恐れもありますので、車の運転は、くれぐれも気をつけてください。

太平洋側の地域でも、あすは夜にかけて、次第に北風が強まり、急激に寒くなっていきそうです。

あさって木曜日の最低気温に注目すると、高知は1℃まで下がる予想です。日本海側の鳥取は0℃。積雪に気をつけてください。

東京でも、あさって木曜日の朝は、2℃まで下がる予想で、昼間は晴れても8℃までしか上がりません。週末は、日本海側の雪が、だんだんと弱まっていきますが、寒さは続きそうです。体調を崩さないように気をつけてください。