タマホーム、業績予想を上方修正し配当増へ

©株式会社新建新聞社

タマホーム(東京都港区)は2月4日、2020年5月期の業績予想の修正を発表した。2019年7月10日の前回発表と比較し、売上高が2.5%増の2050億円、営業利益は16.9%増の90億円、経常利益が20.0%増の90億円、最終利益が7.0%増の46億円の見通し。着工平準化で豊富な受注残から注文住宅の引き渡しが順調なほか、戸建て分譲事業も好調という。期末配当も前回予想の60円から70円に引き上げる方針。