英、中国から退避勧告

新型肺炎拡大で

©一般社団法人共同通信社

 【ロンドン共同】英外務省は4日、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大を受け、中国本土に残る英国民に退避するよう勧告した。不要不急の渡航の自粛を求めた従来の勧告を強めた。BBC放送によると、政府は約3万人の英国民が現在も滞在しているとみている。

 ラーブ外相は声明を発表し「国民の安全確保が最優先事項だ。ウイルスへの感染リスクを最小限にとどめるため、可能ならば中国から出国することを勧める」と説明した。

 英航空大手ブリティッシュ・エアウェイズは、中国本土と英国を結ぶ直行便を今月末まで運休にすると発表。