<ブレーク盤> 辰巳ゆうと『辰巳ゆうとファーストアルバム-力いっぱい、歌いました!-』 低音と中高音のギャップが見事

©株式会社全国新聞ネット

辰巳ゆうと『辰巳ゆうとファーストアルバム-力いっぱい、歌いました!-』

 事務所の先輩、氷川きよしが近年、様々な意味でボーダレスに飛躍したことから、正統派として注目される1998年大阪府出身の演歌歌手の初アルバム。テーマごとに6曲ずつまとめた2枚組だ。

 【演歌&歌謡曲盤】となるDISC1は、デビュー作の『下町純情』と2ndの『おとこの純情』を収録し、この2曲を比べると、粘り気のあるロングトーンに成長を確信する。また、カバーの2曲では、『アメリカ橋』(山川豊)に漂う中年の淋しさを歌うにはまだ早い気もするが、『夢芝居』(梅沢富美男)では女形を想起させるほど艶があり上手い。オリジナルの新曲では、『惚れて千両・無法松』の男気ある低音と、『鶴が舞う』の優しい中高音のギャップにファンが瞬殺されるかも!? とにかく、6曲で既に大器の片鱗が見え隠れしている。

 【ポップス&ニューミュージック盤】のDISC2では、『私鉄沿線』『青春II』『桜坂』等をカバーしているが、原曲(野口五郎、松山千春、福山雅治)の個性が非常に強いので、辰巳版はどうしても薄味に聞こえる。それでも彼の素直な想いは十分伝わるので、今後は、彼自身が感情移入できる曲や陽気な声質を活かした曲を歌えば、より魅力的になりそうだ。

 ブックレットでは、彼の直筆で熱い想いが綴られている。本作を聴けば、頑張っている若い人々の一途さをより身近に感じるようになるはず。

(ビクター・2CD 3000円+税)=臼井孝