がん患者対象に23日初の集い

「リラクゼーション・カフェ サニー」と「ホット・ハンド室蘭」

©株式会社室蘭民報社

23日の集いについてPRする「ホット・ハンドむろらん」の久保代表

 がん患者の会「リラクゼーション・カフェ サニー」と室蘭のボランティア団体「ホット・ハンドむろらん」(久保いづみ代表)は23日午後1時半から、室蘭市中島町1のプレアディス5階ゴチャマーゼ中島で「集い」を開く。

 初めての開催になる。両団体では「がんの告知を受けた人が心穏やかな時間を過ごせるようにお茶をしながら、おしゃべりができる場になれば」。

 がん患者の会「リラクゼーション・カフェ サニー」は、室蘭市内などで公認心理師として活動する溝端紫津子さんが主宰。10年ほど前に自らも乳がんになった溝端さんが「患者さん同士がつながり、安心できるような場があれば」と初の集いを開く。

 当日は溝端さんがファシリテーターを務め「気になっていること」や質問などを交えながら、軽食を楽しみ、おしゃべりできるような時間を過ごす趣向-という。がん患者や家族・支援者の心理療法「サイモントン療法」も学ぶ。

 また、会場では、手縫いタオル帽子の製作・寄贈や医療用ウイッグのレンタルなど、がん患者に寄り添う活動を行う「ホット・ハンドむろらん」の「無料ウイッグ相談会」も開かれる。

 溝端さんは「まずはお茶しに来る感覚で、心穏やかな時間を過ごしていただければ」とし、「病気になっても笑顔でいたいあなたの参加をお待ちしています」などと話している。

 定員は先着10人。参加費は千円(軽食代含む)。問い合わせや申し込みは、溝端さん(メールアドレス、qyr04513@ezweb.ne.jp)か、ゴチャマーゼ中島事務局、携帯電話080・5580・3015へ。
(松岡秀宜)