ヤニス・アデトクンボとレブロン・ジェームズが1月の月間MVPに選出

©楽天株式会社

2月4日(日本時間5日)、NBAはミルウォーキー・バックスのヤニス・アデトクンボと、ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェームズを1月の月間最優秀選手に選出した。

アデトクンボは開幕から3か月連続、昨シーズンまで遡ると5カ月連続での月間MVP受賞となる。1月は平均30.0分というプレイタイムで29.2得点、13.4リバウンド、5.7アシストを記録し、チームを月間10勝2敗の成績に導いた。

2017-18シーズン以来の同賞受賞となったレブロンは、1月に平均25.4得点、8.1リバウンド、10.4アシスト、1.4スティールをマークし、ウェスタン・カンファレンス首位を走るチームの原動力として活躍を披露した。

同時に発表された月間最優秀新人には、マイアミ・ヒートのケンドリック・ナンと、メンフィス・グリズリーズのジャ・モラントが選出。両選手共に3カ月連続での受賞となった。

ナンは1月に、平均16.8得点、3.5アシスト、2.8リバウンドを記録。モラントも平均17.5得点、8.3アシスト、3.8リバウンド、1.1スティールと活躍し、月間11勝4敗と好調だったグリズリーズを牽引した。

また月間最優秀コーチには、1月にリーグ最多タイの12勝(3敗)を挙げたトロント・ラプターズのニック・ナースHC、そしてウェスタン・カンファレンストップタイの勝率(11勝4敗)を残したメンフィス・グリズリーズのテイラー・ジェンキンスHCが選出されている。35歳のジェンキンスHCは、2005年に同賞を受賞したニュージャージ・ネッツのローレンス・フランク(現ロサンゼルス・クリッパーズ球団社長)以来の最年少受賞となった。

(C)2020 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.