車いすに乗ったまま利用 UDタクシー2台導入 佐世保・長崎第一交通グループ

©株式会社長崎新聞社

長崎第一交通グループが導入したUDタクシー=佐世保市相浦町、長崎第一交通佐世保営業所

 佐世保市のタクシー会社、長崎第一交通グループは、障害者や高齢者が利用しやすいよう設計されたユニバーサルデザイン(UD)タクシーを2台導入し、4日から運行を始めた。今後も増やす方針。
 UDタクシーは、車いすに乗ったまま利用できる。九州運輸局長崎運輸支局によると、現在、県内では74台が運行している。
 トヨタ自動車の「ジャパンタクシー」を導入。料金は、他の車両と同じ。UDタクシーを担当する草原昭博さん(49)は「ブレーキのかけ方にも気を配りたい」と話す。西山輝明社長は「車いすの利用者が、気軽に乗車できるタクシーを目指したい」と語った。