「うそつき」発言、首相は謝罪を

立民安住氏、国民民主・共産も

©一般社団法人共同通信社

 立憲民主党の安住淳国対委員長は5日、安倍晋三首相が衆院予算委員会で「桜を見る会」に関する質問をした立民の黒岩宇洋氏を「うそつき」と非難したことについて、首相に謝罪を求める考えを示した。国会内で記者団に「首相にはいずれテレビの前できちんと謝罪してほしい。うそつき呼ばわりしたのは事実だ」と述べた。

 国民民主党の原口一博国対委員長は国会内で記者団に「『情けない』を通り越してあきれる答弁だ」と指摘。共産党の穀田恵二国対委員長は記者会見で「質問者に『うそをついている』との発言は許し難い。一番うそをついているのは首相だ」と強調した。