ツイッター、偽動画に警告ラベル

米大統領選控え

©一般社団法人共同通信社

ツイッターのアプリアイコン(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】米短文投稿サイトのツイッターは4日、政治家の映像などを改ざんした動画を含む投稿について、3月5日から警告ラベルを表示すると発表した。米大統領選を控え、偽動画の拡散を防ぐのが狙い。日本も対象に含まれる。

 ツイッターは改ざんされた動画を含む投稿には「操作されたメディア」と表示するほか、リツイート(転載)したり「いいね」を付けたりする前に警告する。偽動画を含む投稿はツイッターで表示されにくくするとしている。

 偽動画対策を巡っては、フェイスブック、ユーチューブも削除する方針を示している。