マナーからルールに変わる受動喫煙を防止するための取り組み

©株式会社VOTE FOR

2020年4月1日から飲食店を含むほとんどの施設が原則屋内禁煙になります。(健康増進法の一部を改正する法律による)
屋内禁煙としない施設では、喫煙専用室が設けられます。このことにより、たばこを吸わない方が受動喫煙に会う機会は大きく減少します。
※法律上の要件を満たす小規模の飲食店は喫煙可能店とすることも可能

■改正法内容
・原則屋内禁煙です。
・喫煙専用室のある施設には、建物の出入口と喫煙専用室の出入口に標識が掲示されています。
・20歳未満は喫煙専用室への立入は禁止です。
・喫煙専用室には法律上の設置基準があります。
・義務違反者には最大50万円以下の罰金があります。

■全ての方
×喫煙専用室以外での喫煙
×標識を汚したり勝手に外す

■事業主の方
×喫煙専用室以外への灰皿の設置
×喫煙専用室の設置基準違反
×20歳未満の者を喫煙専用室に入れる

(例)喫煙できる施設は標識を掲示しています。

詳しくは伊万里保健福祉事務所健康推進担当
【電話】0955-23-2101
【FAX】0955-22-3829
【E-mail】imarihokenfukushi@pref.saga.lg.jp