池袋暴走事故で元院長を在宅起訴

過失致死傷罪、東京地検

©一般社団法人共同通信社

旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長

 東京・池袋で昨年4月、乗用車が暴走し母子が死亡するなどした事故で、東京地検は6日、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪で、運転していた旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(88)を在宅起訴した。地検によると、車は母子の自転車に衝突した際、時速約96キロまで加速していた。

 起訴状によると、昨年4月19日、東京都豊島区で乗用車を運転中にブレーキとアクセルを踏み間違えて赤信号の交差点に進入。自転車に乗って横断歩道を渡っていた松永真菜さん=当時(31)=と長女莉子ちゃん=当時(3)=に衝突して死亡させたほか、同乗の妻も含めた男女9人に重軽傷を負わせたとしている。