沢尻エリカ被告に有罪判決

違法薬物所持、東京地裁

©一般社団法人共同通信社

沢尻エリカ被告

 合成麻薬を所持したとして、麻薬取締法違反の罪に問われた女優沢尻エリカ被告(33)に東京地裁は6日、懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)の判決を言い渡した。滝岡俊文裁判官は「発覚しなければよいという安直な動機に基づく犯行で、刑事責任を軽く見ることはできない」と指摘。一方で「反省の態度を示し、主治医や兄も支援を申し出ている」とした。

 沢尻被告は1月31日の初公判で謝罪と後悔の言葉を繰り返し、女優復帰は考えていないと述べた。判決後、所属事務所を通じて「全力で更生に向けて努力することが自分のできる唯一の償いと考えております」との直筆のコメントを出した。

所属事務所を通じて報道機関に公表された沢尻エリカ被告のコメント