MHPS 長崎工場トップ交代へ

©株式会社長崎新聞社

 三菱日立パワーシステムズ(MHPS、横浜市)は6日、長崎工場(長崎市)のトップに当たる地域統括の石瀬史朗氏が常務執行役員エンジニアリング本部長に昇任し、横浜本社勤務になると発表した。4月1日付。後任は後日発表する。
 MHPSは4月1日付で機構改革も実施する。各工場をまたぐ横断的な組織として▽GTCCビジネスユニット▽スチームパワービジネスユニット▽環境プラントビジネスユニット▽サービスビジネスユニット▽新事業ビジネスユニット-の五つを新設。本社勤務の各ビジネスユニット長に事業遂行の権限と責任を与える。
 これに伴い、各工場の地域統括を「工場長」に改称。工場長は安全やコンプライアンス、社外対応に役割を絞る。ユニット新設の狙いについて同社は「迅速な意思決定と実行、効率的な運営につながる」としている。
 石瀬氏は長崎工場副地域統括を経て2017年4月から現職。