【ロアッソ ニューフェース】FW高橋利樹(背番号18) 長身武器に「2桁得点」狙う

©株式会社熊本日日新聞社

「シーズン通して試合に出場し、2桁得点を目指す」と話すFW高橋利樹=県民総合運動公園

 尊敬するのは「前線でボールを収め、相手DFの背後に抜ける動きの質が高い」と称賛するJ1大分のFW知念慶。J1の3年間で10ゴールと、派手な実績のあるプレーヤーではなさそうだが、「今の自分があるのは、でっかい夢を追うのではなく、目の前の目標にこつこつと近づいてきたから」と、現実的な人柄が垣間見える。

 中学時代にプレーしたさいたま市のクラブチームでは、精神面の甘さから主力の座を奪えなかった。埼玉栄高に入学後、「控えだった反骨心から『負けたくない。ハードワークをして点を取る』と奮起した」と才能が開花。2年生で埼玉県の国体チームに入ると、その活躍が注目され、17歳以下(U-17)日本代表に選ばれるまでに成長した。

 U-17ではベラルーシでの国際大会で5試合のうち4戦に出場して1得点。当時のチームメートで現日本代表のDF冨安健洋(ボローニャ)から「食事に気を使い、ストレッチを欠かさないピッチ外での姿勢」を学び、いまも実践する。

 高校時代は県リーグの、国士舘大では関東リーグの1部と2部を、それぞれ1年ごとに行き来した。「落とせない試合が毎年続き、緊張感を持って戦えていた」。熊本ではJ2昇格の重圧がつきまとうが、「慣れているので大丈夫。今年は昇格する年になるはず」と“予言”する。

 182センチの長身を生かしたポストプレーや、相手DFの裏を取る動きだしが武器のFWは「ライバルは多いが、シーズン通して試合に出て2桁得点する」。こつこつと実現させる新たな目標を設定した。(植山茂)

 ◇たかはし・としき さいたま市出身。体重76キロ。趣味は旅行で「自然が好きで、インスタ映えがする風景のある所を訪れます」。印象に残るのは兵庫県朝来市の竹田城跡。「雲海に浮かぶ城を奇跡的に見ることができました」と喜ぶ。「熊本では鍋ケ滝(小国町)に行ってみたい」