佐世保北郵便局員 1500万円を横領 顧客の保険料や預入金

©株式会社長崎新聞社

 日本郵便九州支社は6日、佐世保北郵便局(佐世保市田原町)の30代の男性が、顧客から預かった保険料や貯金預入金など現金約1500万円を横領した、と発表した。懲戒処分と佐世保署へ刑事告訴をする方針。
 同支社によると、主任は貯金や保険の集金業務を担当。2018年2月から19年3月までの間、顧客5人の自宅を訪問した際、保険料などとして受け取った現金を横領した。事実を認め「パチスロや競艇などギャンブルに使った」と話しているという。被害者には事実関係を説明して謝罪した。今後弁済をする予定。
 19年3月22日、主任が預かったはずの現金約280万円が入金されていないことが発覚。問いただしたところ「自宅に保管している」と説明していた。調査の結果、横領していたことが分かった。
 日本郵便九州支社は「お客さまの信頼を損ない、深くおわびする。指導を徹底したい」とコメントした。