年金運用、7.3兆円の黒字

GPIF、昨年10~12月期

©一般社団法人共同通信社

 公的年金の積立金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は7日、昨年10~12月期の運用実績が7兆3613億円の黒字だったと発表した。利回りは4.61%で、昨年12月末時点の運用資産額は168兆9897億円。市場運用を始めた2001年度以降、累積収益額は75兆2449億円となった。

 米中貿易摩擦の緩和などで、国内外の株式市場の大幅な上昇につながったことが寄与した。

 GPIFは、積立金の投資配分を定める資産の構成割合を基に、主に国内外の株式、債券の四つの資産に分散投資している。現在はほぼ半分を国内外の株式で運用する。