輝く冬、笑顔と歓声いっぱいに いわて雪まつり、11日まで

©株式会社岩手日報社

いわて雪まつりが開幕し、滑り台でそりを楽しむ来場者=7日、雫石町・岩手高原スノーパーク

 第53回いわて雪まつり(実行委主催)は7日、雫石町の岩手高原スノーパークを主会場に開幕した。同日朝の県内は、放射冷却現象のため各地で冷え込んだが、大型滑り台や雪像が並ぶ同パークは、初日から家族連れなどの笑顔と歓声に包まれた。

 11日までの5日間、同町、盛岡市、滝沢市の計8会場での広域開催。同パークにはメインステージと、そりや留め具のない板で雪の上を滑る「雪板」の滑り台、雪像6基、コンテスト雪像2基が登場した。家族連れや観光客らはそりなどで遊んだり、記念写真を撮るなどしている。