クルーズ船で新たに3人感染

新型肺炎計64人に、厚労省発表

©一般社団法人共同通信社

乗客乗員の船内待機が続くクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」=8日午前10時51分、神奈川県横須賀沖(共同通信社ヘリから)

 クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の新型コロナウイルス集団感染で、厚生労働省は8日、新たに乗客3人の感染が確認されたと発表した。これまでに船内の有症者ら279人を対象に検査を実施。感染が確認されたのは計64人となった。国内全体で報告された感染者数は89人。

 厚労省によると、脳梗塞などが理由で下船した米国人や、6日までに感染が判明した人の濃厚接触者6人を対象に新たに検査を実施。

 このうち3人から陽性反応が出た。3人は米国籍の70代男性と60代の女性、中国籍の30代女性。米国の2人は同じ部屋で過ごしていた。既に神奈川県内の医療機関に搬送され入院している。

医薬品の不足が指摘されているクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」=7日、横浜・大黒ふ頭(共同通信社ヘリから)