保健師だより

©株式会社VOTE FOR

■ことばの発達と親子遊び
ママのお腹の中で聞く練習をしていた赤ちゃん。生まれてからは、泣いたり手をなめたり、ご飯を食べたりと、すべての行動を通してことばの練習をしていきます。
ことばの発達には子どもの満足感や安心、共感などの土台となる部分をしっかり育てることが重要です。そのために親子で一緒に遊びを楽しむことをお勧めします。遊びは情緒の安定や気持ちの共感、声を出す機会も増えるなど、ことばの発達にはとても重要です。成長に合わせてくすぐり遊びやゴロゴロ転がり遊び、追いかけっこなど、体をたくさんつかって遊びましょう。そして「楽しいね」「気持ちいいね」「びっくりしたね」など、親が感じた気持ちをことばにしてみましょう。また、「これは〇〇」と名前を覚えさせるのではなく、「飛行機が飛んでいるね」「きれいな音だね」など、子どもが見ている物や聞いている音にことばをのせてあげることをお勧めします。
子どもと遊ぶときは、子どもの興味に合わせて親も一緒に楽しみましょう。お父さんやお母さんが楽しいと子どももたくさん笑い声が出るでしょう。