バレンタインに贈りたい!変わり種チョコスイーツ3選

©(株)東京放送ホールディングス

もうすぐバレンタイン。定番もいいけれど、今年はちょっと変わり種のチョコレートを贈ってみませんか?おすすめのチョコレートをご紹介します。

① ようかん×チョコ

和菓子の定番・ようかんをチョコでコーティングした「恋蛍」は、ミルクチョコレートの甘さとようかんの甘さがマッチした一口サイズの可愛らしいお菓子です。

ようかんとチョコ、それぞれ違った柔らかな口どけを楽しむことができるオススメの逸品。甘いもの同士の組み合わせでありながら、くどさを感じない味わいです。

詳細はこちら→【和菓子×チョコの新しい出会い】老舗和菓子屋が生んだショコラティエ

② ミニャルディーズのティト ショコラ

ミニャルディーズとはフランス語で「上品さ、可憐さ」を意味するお菓子。とても小さなサイズの中に深い世界が広がっています。

そのミニャルディーズの専門店「UN GRAN」にある『P’tit Chocolate(ティト ショコラ)』は「小さなチョコレート」という意味を持つ一品。

カカオハンターのコロンビア産チョコレートを使い、中にはアールグレイやスターアニスなど、様々な香りが楽しめるチョコレートが主役のミニャルディーズです。非常に濃厚でくちどけの良いチョコレートは、繊細さと複雑な味わいが楽しめて面白みのある一品です。

詳細はこちら→ひとつまみサイズのお菓子「ミニャルディーズ」の専門店が素敵すぎ

③ 海外にはこんなチョコのケーキも?

犬を超リアルに再現したスイーツ「ドッグムースケーキ」。

毛の質感、顔・身体のシワも驚くほど素晴らしいクオリティーで、本物にしか見えません!

「こんなにかわいいワンちゃんを食べられない…」「どこから食べればいいの?」と複雑な感情が湧き出てきそうですが、目で楽しんだ後は美味しくいただきましょう。

お味は…チョコレートがちょうどいい甘さで美味。
“ムース”と聞いて柔らかさを連想する人もいるかもしれませんが、意外にしっかりとした硬さもあるケーキです。

詳細はこちら→食べちゃいたいくらいカワイイ?実はこのワンちゃん、食べられます