桃田選手は全治3カ月、五輪懸念

眼窩底骨折で手術、全英見送り

©一般社団法人共同通信社

桃田賢斗選手

 1月に遠征先のマレーシアで交通事故に巻き込まれて負傷したバドミントン男子シングルス世界ランキング1位の桃田賢斗選手(25)が、右目の眼窩底骨折と診断され、8日に手術を受けた。所属先のNTT東日本が発表した。全治まで約3カ月を要する見通し。3月中旬の全英オープンは取りやめる。出場を確実にしている東京五輪への影響が懸念される。

 マレーシアから帰国直後の精密検査では顔面3カ所の裂傷と全身打撲以外の異常は見つからず、今月3日から日本代表合宿に参加していた。しかしシャトルが二重に見えるなど違和感があるとの申し出があり、7日に専門病院で受けた検査で骨折が判明した。