「ウポポイ」舞踊や音楽でPR さっぽろ雪まつり 宇梶さん「多くの人訪れて」

©株式会社北海道新聞社

ステージで古式舞踊を披露するアイヌ民族文化財団のメンバー(中川明紀撮影)

 第71回さっぽろ雪まつりの大通会場(札幌市中央区)で8日、胆振管内白老町に4月にオープンするアイヌ文化復興拠点「民族共生象徴空間(ウポポイ)」をPRするイベントが行われた。

 道の主催。ウポポイをテーマにした大雪像がそびえる8丁目のステージに、民族衣装に身を包んだアイヌ民族文化財団のメンバー約10人が登場。ムックリ(口琴)の演奏に続き、鶴の舞とクマの霊送りの踊りを披露した。