職場の"働かない中高年"は害悪? 40代男性が反論「嫌なら劣悪な環境で生き残った我々氷河期管理職を実力で追い越して」

©株式会社グローバルウェイ

全力でぶつかってこいよ!

"働かない中高年"に不満を募らせる人は少なくない。本来なら人生の先輩には敬意を払うべきと言いたいが、そうもいかない事情もあるようだ。キャリコネニュース読者からは「うちにも働かない中高年がいる」といった声

「入社20年になる中高年者の管理職。トラブル・苦情・クレームが起きると『今からクライアントとの打ち合わせがあるから立ち会うことができない』と言って外出するなど、責任を負うことは一切しない」(30代女性、事務・管理職)
「パソコンができなかったりとか、時代についていけないのかなと思います」(20代女性、サービス・販売職)

という声が届いた。

30代女性も職場の"学ばない中高年"に対して思いを綴る。評価者の立場にありながら新しいシステムについていけていない中高年だ。納得しないことには首を縦に振ろうとせず、仕事の進みも遅いため「幼稚園児レベルに噛み砕いて教えている」という。

「日中は暇そうにサイトを見ていますよ。何か凄く得意なことがあるのかもしれませんが、人に責任を擦り付けてきます。しかも部下の粗相は『オレの指示を守らないからだ』といい、面倒なことが起きると1週間とか有休を取って逃げます」

女性は「もうこの人を切り捨てて、新人を2~3人雇った方がよっぽどいいですよ」と嘆いている。(文:鹿賀大資)

「今まで会社の看板と名刺で仕事をしてきた人たちに、今さら何ができるのでしょうか」

営業職の30代女性は、バブル絶頂期に入社した中高年世代の実状を明かす。すでに60歳を過ぎた社員も在籍し、その年代の大半が「給料を3割カットされても業務内容が同じだ」と不満を述べている。しかし女性はバブル世代社員について、

「経費で飲み食いや意味の無い出張などをして、かなり美味しい思いをしてきた年代です。今でも自分の都合や趣味に合わせて出張に行く爺さんがいます。給料を減らされてやる気が失せるなら、とっととやめてほしいと思います。お情けで会社に置いてもらっている身なのに……」

と綴っている。女性の勤め先は全国に名前が通っている企業だというが、女性の経験上では「地元の中小企業の方がましでした」という。さらに「今まで会社の看板と名刺で仕事をしてきた人たちに、今さら何ができるのでしょうか」と辛辣だ。

「いつまでも昭和の栄光を引きずる老害おじさんはほんと迷惑です。若い芽を潰したり、枯らしたり、飲み会もやめてほしい。会社も70までこんなの置いとく気なのでしょうか。時間とお金の無駄使い」

一方、氷河期世代「基礎学力からして相手になりません」

一方、そうしたバッシングに反論する中高年もいる。氷河期世代の40代男性は、「私自身がそう見られてもおかしくない」と認めながらも、若手に苦言を呈す。

「私の若い頃のサビ残を含めた勤務時間を時給換算すると、今のコンプライアンスで守られている若い人と同じぐらいです。そんなにおじさん連中が嫌なら、劣悪な環境で生き残った我々氷河期管理職を実績、能力、資格で追い越してください」

男性は博士号まで取得したが、それでも就職の際は苦戦したという。就職氷河期という厳しい時代を生き抜いてきたことから、「今は景気が良くなってFラン以下の大学生も取るようになりましたが、基礎学力からして相手になりません」と綴っている。

※キャリコネニュースでは引き続き「働かない中高年への不満」「ウチの会社のホワイト自慢」に関するアンケートを募集しています。