【千葉魂特別版 キャンプ日記】対外試合初戦は大勝

©株式会社千葉日報社

グラウンドを見つめる井口監督=8日、石垣

 対外試合初戦は大勝となった。毎回安打の24安打、20-4の快勝。最後は藤原恭大外野手のライトへの特大本塁打で締めた。プロ2年目の藤原は試合後、「練習の成果が出ましたね」と小さく笑った。年明けから振り抜いてきた結果。練習は嘘をつかない。

 「いい形で点を取れたと思う。みんないい動きを見せてくれた。やってきたことができていた。積極的だった。ミスを怖がらずにやってくれた。実戦の初戦に打てたのは自信になると思う」

 井口資仁監督は必死にアピールしようと躍動した若手を褒めた。彼らが地道に練習を積んできたことは、いろいろな方面から聞いて知っていた。選手たちの陰の努力、地道な努力をしっかりと把握したいと指揮官はいつも思っている。だから、さまざまな方面から情報を耳に入れることに時間を惜しまない。

 昨年12月に行われたプエルトリコや台湾のウインターリーグでの試合動画もチェックをしてきた。1月の自主トレ期間もZOZOマリンスタジアムに頻繁に足を運んだ。石垣島での先乗り自主トレも26日入りし、28日の昼の便で一時帰京するという強行スケジュールで足を運んだ。すべては選手たちの姿を見たいがためだった。

 「これからの実戦の中で、もっともっと調子を上げていってほしい。ここまでやってきたことを信じてプレーをしてほしい」

 井口監督は目を細めながら試合後の選手たちの姿を見つめた。そしてまた満足そうな表情を浮かべた。圧勝でも、まだ選手たちはなにか物足りなさそうな顔をしていた。それがうれしかった。貪欲な姿勢。飽くなき探求心。それこそがマリーンズの野球だ。

 (千葉ロッテマリーンズ広報・梶原紀章)