元日ハムのエチェバリア氏が死去

外野手、48歳

©一般社団法人共同通信社

ロッテ戦で2打席連続本塁打を放つエチェバリア=2004年5月11日、札幌ドーム

 【ワシントン共同】プロ野球日本ハムで外野手としてプレーしたエンジェル・エチェバリア氏が7日、死去した。48歳。AP通信が8日に報じた。死因など詳細は明らかになっていない。

 1996年にロッキーズでメジャーデビューし、カブスなどで7季プレー。通算成績は328試合で打率2割8分、21本塁打、90打点。2003年から日本ハムで2年間プレーし、通算204試合で打率2割6分8厘、47本塁打、138打点だった。