地域フラッシュ(2)

©株式会社VOTE FOR

■「手話サークル青空の会」「北谷町民児協」県知事表彰受賞
手話サークル青空の会と北谷町民生委員児童委員協議会は、長年にわたる福祉活動の功績が認められ、令和元年10月に社会福祉事業功労者等に対する県知事表彰を受賞しました。令和元年12月24日(火)に野国町長を表敬に訪れた2団体は、受賞や活動状況について報告し、町長からは福祉活動に対する感謝の言葉が送られました。手話サークル青空の会から町長が手話表現を学ぶ場面も見られ、和やかな雰囲気の報告となりました。

■「2019FIFAビーチサッカーワールドカップパラグアイ大会」出場報告
令和元年12月24日(火)、「2019FIFAビーチサッカーワールドカップ」に日本代表として出場した照喜名辰吾選手(本町在住)が所属チーム〝琉球エリスリナ〞の當間氏らと野国町長を表敬に訪れました。同選手は「今回ベスト4とういう成績であったが、準決勝でポルトガルにPK戦で敗れたのが悔しい。1年半後のロシア大会を目指して頑張っていきます。」と意気込みを語りました。結成3年目となる同チームは、本町アラハビーチで活動しており、日々練習に励んでいます。照喜名選手及び琉球エリスリナのこれからの活躍を期待します!

■どすこい!飲酒運転押し出し!大相撲遠藤関チラシ配布作戦
令和元年12月13日(金)、美浜メディアステーション前交差点で、大相撲遠藤関らが交通事故及び飲酒運転根絶を促すためのチラシを配布しました。この取り組みは沖縄警察署が実施しており、年末年始は人や車の往来が激しくなるとともに、飲酒の機会が増え、交通事故及び飲酒運転の増加が予想されることから、交通事故に対する注意喚起と飲酒運転の根絶を目的に行われています。遠藤関の「飲酒運転根絶、どすこい!」の宣言の後、遠藤関と関係者らが通行人や信号待ちで停車中の車に一斉にビラを配布しました。