暮らしの情報~お知らせ

©株式会社VOTE FOR

■野焼きは禁止されています
ごみの野外焼却いわゆる「野焼き」は、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」及び「群馬県の生活環境を保全する条例」により、原則禁止されています。煙やにおいは、ご近所にとっては大変不快なものです。
ごみは野焼きせずに適正に処理しましょう!

◇野焼き禁止の例外
(1)国又は地方公共団体がその施設の管理を行うために必要な廃棄物の焼却
(2)震災、風水害、火災、凍霜害その他の災害の予防、応急対策又は復旧のために必要な廃棄物の焼却
(3)風俗慣習上又は宗教上の行事を行うために必要な廃棄物の焼却
(4)農業、林業又は漁業を営むためにやむを得ないものとして行われる廃棄物の焼却
(5)たき火その他日常生活を営む上で通常行われる廃棄物の焼却であって軽微なもの
※軽微とは、煙やにおい等で周辺生活環境へ悪影響を及ぼさない程度です。
※ビニールやゴム等の焼却は、量の多少に関わらず禁止されています。

例外で認められる野焼きでも、周辺から煙やにおいで苦情が寄せられた場合は、中止や焼却方法について指導の対象となります。
ごみは野焼きせずに適正に処理しましょう!

問い合わせ先:住民生活課
【電話】0279-54-2211
【電話】内線122

■あなたの電話で救われる子どもがいます(児童相談所虐待対応ダイヤル189)
児童虐待は社会全体で解決するべき問題です。児童虐待かもと思ったらすぐにお電話ください。

◇しつけが行き過ぎると虐待に当たることもあります。
子育てにおいて、しつけと称して、叩いたり怒鳴ったりすることは、子どもの成長の助けにならないばかりか、悪影響を及ぼしてしまう可能性があります。

・児童虐待かもと思ったら
【電話】189(いちはやく)

■「マイナンバー制度」に便乗した詐欺などにご注意
「マイナンバー制度」に便乗して行政機関の職員などをかたる不審な電話や訪問が増加しています。「口座番号を教えてほしい」「マイナンバーを貸してほしい」などと言って個人情報を盗み出したり、金銭を要求したりするものです。
「マイナンバー制度」に便乗した詐欺や不審な電話、悪質な勧誘には、十分注意してください。
不審な電話があった場合にはすぐに切るようにし、訪問があっても応じないようにしましょう。不安な場合は相談してください。

相談先:
・消費者ホットライン
【電話】188
・県消費生活センター
【電話】027-223-3001

■群馬県地域別最低賃金は改正されました
最低賃金制度は、最低賃金法に基づき、国が賃金の最低限度を定め、使用者は最低賃金額以上の賃金を労働者に支払わなければならないとする制度です。最低賃金額より低い賃金を労使合意の上で定めても、それは無効とされ、最低賃金と同額の定めをしたものと見なされます。使用者も、労働者も、必ず確認してください。

■下水道つなぎ込み工事にご協力ください
村では、河川や農業用水などの公共用水域の水質汚濁防止と生活環境の改善を図るため、公共下水道事業、農業集落排水事業により下水道整備を進めています。公共下水道では、平成31年4月から新たに山子田、広馬場地区の一部が供用開始となりました。農業集落排水施設が整備されている地区を含め、既に下水道の使用が可能となっている地区にお住まいの方で、まだつなぎ込み工事をされていないご家庭につきましては、接続にご協力ください。
なお、つなぎ込み工事については、下水道指定工事店からの申請が必要となります。つなぎ込み工事を行う際には、お近くの下水道指定工事店へお申し込みください。環境保全のため、皆様のご協力をお願いします。

問い合わせ先:上下水道課
【電話】0279-54-2211
【電話】内線151・152・153