立体的表現された神姫とのコミュニケーションが楽しい!「武装神姫 アーマードプリンセス バトルコンダクター」プレイレポート【JAEPO2020】

©株式会社イクセル

コナミアミューズメントが、2月7日~8日に開催されたJAEPO2020でプレイアブル出展した「武装神姫 アーマードプリンセス バトルコンダクター」。本作のゲームシステムを紹介していく。

「武装神姫 アーマードプリンセス バトルコンダクター」は、全高15cmのフィギュアロボットであり、オーナーを補佐する“心と感情”を持ったパートナー「武装神姫」のアーケード向けアクションゲームだ。

本作では、4人のマスターがそれぞれ3体の神姫を持ちより他のマスターと戦いながらジェムを集めるバトルロイヤル形式のアクションパートと、お気に入りの神姫と触れ合ったり集めた武器などを装着してカスタマイズするコミュニケーションパートの2つが楽しめる。

筐体は専用筐体となっており、大きな特徴としてはメインモニター横に設置されているサブモニターがある。ここではシチュエーションに応じて神姫が立体的に表示され、あたかも自分の目の前に神姫がいるような感覚で楽しむことが可能だ。

コミュニケーションパートでは、メインモニターを使って神姫とのコミュニケーションが楽しめる。タッチすることで神姫たちと仲良くなることができ、親密度が上昇することで新しいスキルを覚えたりと能力にも影響がある。

またカスタマイズ画面ではメインモニターで装備を変更することで、サブモニターに表示されている神姫の姿がリアルタイムで変化する。実際に手元でフィギュアを組み替えて遊んでいるような感覚で楽しめるのだ。

アクションパートでは、最大4人でのバトルロイヤルとなる。ステージに現れる“ジェムポット”や他のプレイヤーが操作する神姫を攻撃することで手に入る“ジェム”を獲得し、より多くのジェムを集めたプレイヤーが勝利となる。ジェムは自動で拾うことができず、手動で拾うと集めている間は無防備な状態になる。もちろん他のプレイヤーに横取りされることもあるので、攻撃するだけではない駆け引きがバトルのコツになりそうだ。

バトルが終わると装備パーツや“デジタル神姫”を獲得してゲーム終了となる。デジタル神姫はカードベンダー機「カードコネクト」と連動してカード化することが可能だ。カード化することで、親親密度やレベルが変化するなどのメリットがある。お気に入りの神姫はカード化してぜひ手元に置いておきたいところだ。

透過液晶で映し出される立体的な神姫とのコミュニケーションや、自分だけのカスタマイズで着飾った神姫を使ったバトルなどアーケードでしか体験できない「武装神姫」が楽しめる本作。「武装神姫」ファンは今後の続報にも期待しておこう。

(C)Konami Digital Entertainment(C)Konami Amusement