【セリエA】インテルが2点差をひっくり返す!劇的逆転劇でミランとのダービーに勝利!

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

セリエA第23節が開催し、インテルとACミランによる“ミラノ・ダービー”が実現した。

【セリエA】C・ロナウドが10戦連続弾を決めるも…ユーベが逆転負けでリーグ3敗目を喫する…

2位に位置するインテルと今年に入って無敗を維持するミランによる好調同士のダービー。ここ数年で最も拮抗した激戦が予想される中、攻勢に出たのはアウェイ側となったミランだった。40分にゴール前にロングボールが送られると、ズラタン・イブラヒモビッチが頭で落とす。反応したアンテ・レビッチが押し込み、ミランが先制点を奪う。さらに前半終了間際にはイブラヒモビッチがヘディング弾を決め、ミランが2点リードで試合を折り返す。

【プレミアリーグ】ペップやクロップよりも上⁉ コンテがチェルシー時代の成功を強調「初年度でプレミアを優勝した」

前半に差がついたダービーは後半に入りインテルが猛反撃を開始する。51分にマルセロ・ブロゾビッチがボレーシュートを決めると、2分後にはマティアス・ベシーノがネットを揺らし、瞬く間に同点に追い付く。勢いが止まらないインテルは70分、CKからステファン・デフライのヘディング弾でついに逆転に成功。後半アディショナルタイムにはビクター・モーゼスのクロスをロメル・ルカクが頭で合わせて勝負あり。インテルが劣勢をひっくり返し4-2でダービーを制した。

インテルが2点差から逆転勝利を収める