秋元司被告側が保釈保証金納付

©一般社団法人共同通信社

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業を巡る汚職事件で、収賄罪で起訴された衆院議員秋元司被告(48)側は10日、保釈保証金計3千万円を現金で納付した。検察側が準抗告しており、保釈の手続きは停止している。