佐藤江梨子「“色気、だだもれ”で」。「絶対零度」で危険人物と検知される社長役

©株式会社東京ニュース通信社

佐藤江梨子が、2月17日放送のフジテレビ系連続ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」(月曜午後9:00)第7話にゲスト出演する。

同作は、あらゆるビッグデータから予測された犯罪を未然に阻止する「未然犯罪捜査班」(通称・ミハン)の活躍を描く刑事ドラマ。第7話で佐藤が演じるのは、大手フィットネスクラブ社長の仁科紗耶香。紗耶香がミハンシステムに危険人物として検知されることから物語は展開。紗耶香は5年前に起きた強盗殺人事件の被害者で、夫の仁科輝幸(青戸昭憲)を殺害され、紗耶香自身も刃物で刺されひん死の重傷を負った。この事件は5年たった今も未解決で、事件後、紗耶香は亡き輝幸の遺志を継いで社長になった。紗耶香は社長として会社の業績を伸ばし、経営者として才能を発揮しているが、そんな彼女が検出されない危険な毒物を入手していることが分かる。悲劇の未亡人は、いったい誰を殺そうとしているのか。井沢範人(沢村一樹)らミハンチームは、紗耶香が経営するフィットネスクラブに潜入し、捜査を開始する。

佐藤は「犯罪を未然に防ぐということもあって、刑事ドラマというより探偵ドラマのような印象があります。変な例えかもしれませんが『名探偵コナン』のようだなと。普通の刑事ドラマとは少し違って、事件を解決していくというよりは、皆さん事前に考えながら動いていくので、より役者さんのお芝居が試されるように思います」とドラマの魅力を解説。放送に向けて「先の読めない展開で、見ている方々にドキドキしていただける内容になっています。紗耶香は色気のある女性として台本に描かれていたので、“色気、だだもれ”で演じきりたいと思います」とアピールしている。