電車の走行音で「受験応援ソング」作成 名鉄の謎企画が想像以上にガチだった

©株式会社ジェイ・キャスト

[ドデスカ!-名古屋テレビ]2020年1月28日放送の「竹田のイマネタ!」のコーナーで、電車に関係する意外なものを使って合格祈願をしている名鉄尾西線を取り上げていました。

毎年ユニークな方法で受験生を応援している名古屋鉄道。今年は名鉄一宮駅から玉ノ井駅を結ぶ尾西線を使い、とても変わった方法で応援をしています。

その方法とは車内に響く音に、リラックス効果があるとされる「1/fゆらぎ」があることを突き止め、その音を使って受験生がリラックスする音楽を作成するというもの。

尾西線が選ばれた理由は、専門家の行った調査によって、他の路線に比べ「1/fゆらぎ」の数値が高いことが解ったからなのだそうです。

走行音の収録風景(画像はプレスリリースより)

走行音の収録風景(画像はプレスリリースより)

1/fゆらぎでリラックス

名古屋鉄道の担当者に尾西線の「1/fゆらぎ」の数値が高い理由を尋ねると、

「尾西線は単線区間で速度が速くない区間があること、また木の枕木を使っている点も特徴で、これらの条件が組み合わさった結果ではないでしょうか」

と話しており、実際に尾西線を頻繁に利用する乗客からは「車内がリラックスした雰囲気で、考えごとをするのにちょうどいい」「いい音がして眠くなる」などの意見が聞かれました。

この尾西線の車内の音から作った「Rail Yell/Relaxing Rhythm for Study」』は、受験勉強の息抜きや試験直前の緊張時に聴くのがオススメで、名古屋鉄道公式You Tube「名鉄さくらプロジェクト」で3月31日まで公開しています。

(ライター:ケイ)