APUと別府鶴見丘高が連携協定締結 人材育成へ協働学習【大分県】

©有限会社大分合同新聞社

協定書に調印した立命館アジア太平洋大の出口学長(左)と別府鶴見丘高の姫野校長
「探究的な学び特別授業」を体験する学生と生徒=別府市の別府鶴見丘高

 別府市の立命館アジア太平洋大(APU)と別府鶴見丘高は10日、相互の人的交流や知的資源の活用を図るための高大連携協定を結んだ。高校と大学の教育を一体に捉えた「高大接続」の一環で、協働学習を通じてグローバル人材の育成を目指す。APUが県内の高校と同協定を結ぶのは初めて。

 別府鶴見丘高で調印式があり、APUの出口治明学長、同高の姫野秀樹校長が出席。協定書に調印した。出口学長は「高校での教育が何よりも大事。高校と一緒に探究力や問いを立てる力を育て、次世代を担う若者を育成したい」。姫野校長は「グローバルな視点を持って将来の別府、大分を支える人材育成を目指したい」とあいさつした。

 記念イベント「探究的な学び特別授業」があり、同高の1年生約40人とAPUの学生8人が参加。8班に分かれ、提示された課題に対して最適な解決策を追究する協働学習に挑戦した。

 協定期間は今年4月から3年間。▽同高生徒を対象にしたAPU教員による講義▽学生と生徒の交流やワークショップ▽教員の相互交流―などをする予定。探究的な学びを軸にした先進的な教育プログラムの開発を目指す。

 同高は新学習指導要領を見据え、本年度から「総合的な探究の時間」を1年生が先行実施。3カ年を通じた活動の中で今回の教育プログラムを生かす考え。APUは全国25の高校と同様の協定を結んでいるが、地元高との連携によって活発な相互交流などを期待している。