迫力満点の雪合戦、寒さ吹き飛ばせ 八幡平・安比ゆきフェス

©株式会社岩手日報社

ゆきフェスティバルの開幕を飾り、熱戦を繰り広げた八幡平エンジョイ雪合戦大会

 八幡平市の八幡平・安比ゆきフェスティバル(市観光イベント実行委主催)は28日まで、市内各所で開かれ、雪合戦大会や花火打ち上げなど多彩なイベントを通じて同市の冬の魅力を伝えている。

 8日は同市平笠の観光施設、サラダファーム特設会場で開幕イベント後に第8回八幡平エンジョイ雪合戦大会(市雪合戦協会主催)を開催。9日までの2日間、本気モード、男女ミックス、キッズの3部門に計41チーム約410人が参加し、勝利を目指して熱のこもった試合を繰り広げた。

 15日は八幡平リゾートパノラマスキー場、22日は安比高原スキー場でそれぞれ花火打ち上げを予定。期間中は八幡平市内の宿泊施設などで雪だるまをイメージした限定メニューが楽しめる。問い合わせはイベント実行委事務局の市観光協会(0195.78.3500)へ。