アカデミー賞で大活躍 英語ペラペラの河北麻友子に「我らの有吉」が言い放った素晴らしき一言

©TABLO

画像は『白鳥麗子でございます! THE MOVIE』より

さすが、ニューヨーク育ちは違います。女優・河北麻友子さんは今でこそ、「ヒルナンデス」のイメージが強いバラエティタレントですが、実は才女と言われています。何と言ってもアメリカ国籍でもありますし、彼女の英語はいわゆる「アメリカ英語」として安心して聞けます。

その言語力を活かして、第92回アカデミー賞授賞式でのレッドカーペットで、世界のスターたちに対して堂々とインタビューを試み、アントニオ・バンデラス、ハーヴェィ・カイテルなど大物俳優にSexyZone中島健人さんとともに突撃しています。

ほとんどネイティブと言われている河北麻友子の特技がここで発揮されています。

そんな英語ペラペラの河北麻友子さんですが、過去に某番組で「レディ・ファーストはやって欲しい」とおっしゃっていました。そこに「われらが有吉弘行」さんが一言。

「椅子引いたりとか、やって欲しいですかー? その度に日本人の美学としてはお礼言わなければならないでしょ。いちいちすみませんとか。面倒くさいでしょ」

と突っ込みます。

河北さんは「その代わりに御礼に、私たちはお鍋に行ったら私たちがやります」と笑顔で返します。

すると有吉さんが「お鍋とかは自分でやりたいのよね」と即答。MCの女性アナウンサーが「でも海外では当たり前ですよね」と柔らかフォロー。

そこへ、有吉さんの正論。

「海外ではっていうのはおかしいよね。欧米でしょ(海外っていうのは)。アフリカとかじゃ全く別でしょ。欧米を世界って言うのはおかしいよね」

河北麻友子さん、芸能界の洗礼を受けた瞬間でした。とは言え、その後「ヒルナンデス」などで仲が取りざたされたりして、むしろ有吉さんの毒舌には感謝しているのではないでしょうか。(文◎編集部)