「3年A組」で注目の望月歩、堀田真由が次期朝ドラ「エール」に出演!

©株式会社東京ニュース通信社

3月30日スタートのNHK連続テレビ小説「エール」の追加キャストが発表され、相島一之、松尾諭、堀内敬子、望月歩、堀田真由が出演することが分かった。ドラマ「3年A組―今から皆さんは、人質です―」(日本テレビ系)で注目された望月は連続テレビ小説初出演。新人銀行員の松坂寛太を演じる望月は「役者の夢である『連続テレビ小説』に携わらせていただくこと、本当に幸せです。共演者の先輩方は本当に明るくて、温かくて、すごく楽しい現場です。自分的には初めて挑戦することもありますが、視聴者の皆さんに現場での明るさや温かさを届けられるよう、精いっぱい演じています」と気合十分で撮影に臨んでいる。

ドラマは、全国高等学校野球選手権大会の大会歌「栄冠は君に輝く」や、阪神タイガースの応援歌として知られる「六甲おろし(阪神タイガースの歌)」などを手掛けた昭和の音楽史を代表する福島県出身の作曲家・古関裕而氏と妻で歌手の金子(きんこ)氏をモデルに、主人公の古山裕一(窪田正孝)と後に妻となる関内音(二階堂ふみ)が二人三脚でヒット曲を生み出すストーリー。追加キャストの内、堀田以外の4人は商業学校を卒業後、川俣の銀行で働くこととなる裕一(窪田)と共に働く銀行員を演じ、堀田は裕一の恋(?)の相手となるダンスホールの踊り子を演じる。

銀行の支店長で裕一を陰ながら応援する落合五郎役の相島は「NHKの“朝ドラ”はもう100本を超える歴史があるんですね。この『エール』で102本目だとか! 主演の窪田正孝さんとは『花子とアン』でもご一緒でした。すてきだった。家族そろってご飯を食べながら見れる“朝ドラ”最高だなぁ」と過去の出演作を挙げながら朝ドラの良さをアピール。裕一の同僚・鈴木廉平を演じる松尾は「超実力派ぞろいの川俣銀行のメンバーとのやりとりはとても面白く、カメラが回っていようがいまいが、同じテンションでずっとしゃべっていました。楽しい思い出しかなくて恐縮ですが、きっと誰もが働きたくなるようなすてきな銀行になっていると思います」と現場の雰囲気の良さを伝え、銀行の紅一点、事務員・菊池昌子役の堀内は「銀行員を演じる方々は個性あふれる俳優さんばかり! 現場では素晴らしいハーモニーを奏でるように、皆さんとシーンについて話し合ったり、刺激し合ったりさせていただいてます。そんな私たちをいつも温かく受け入れてくださる、裕一(窪田)さんは、役柄も、演じられるご本人も、応援したくなる人物です」と主演の窪田を称賛した。

そして、男性たちから絶大な人気を誇る踊り子の志津を演じる堀田は「この度、2年半ぶりに“朝ドラ”の世界に戻ってくることができ大変うれしく思います」と出演を喜び、「私が演じた志津さんは踊り子のナンバーワンで誰もが見とれる魅力的な女性です。そのため、初めて社交ダンスにも挑戦させていただきました。裕一の初恋(?)の相手、そして物語のはじまりとして少しでも皆さんを引き込ませる存在になれているとうれしいです。また彼女の本質に触れた時、くすっと笑ってしまうそんな結末も待っているので、ぜひ放送を楽しみにしていてください」とメッセージを寄せた。