MC・村上信五も期待!「東京マラソン」で日本トップ3選手が直接対決!!

©株式会社東京ニュース通信社

フジテレビ系では3月1日に「東京メトロスポーツスペシャル 東京マラソン2020」(午前9:00)として、新宿都庁から東京駅まで東京のど真ん中42.195kmを走り抜ける「東京マラソン2020」を生中継。番組のメインキャスターを務める村上信五は、「まだまだニュースターが現れるのか、大注目のレースです」と期待。村上は生中継の最後にはフィニッシュ地点に移動し、優勝選手を待ち受ける。

見どころは、大迫傑選手と設楽悠太選手、井上大仁選手のレース展開。大迫選手は昨年9月のMGCで3位に入っており、最終枠の該当者がいない場合はそのまま代表決定となるが、出場せず“待ち”の姿勢をとらず自ら出場して勝負に挑み直接対決する。番組では固定カメラを20kmに一つ、レースが激化するであろう30kmを超えた地点から三つ設置。タイムが一目で分かりやすいよう、CGで“日本記録のライン(2時間05分50秒)”を表示する。タイムとそれぞれの選手の戦いを画像で分かりやすく解説する。

村上は「夏に控えたオリンピックの熱気につながるこのレースの臨場感を、たっぷりとお届けできることに今からワクワクしております。どんなドラマが起きるのか? 緊張感と共に、押さえられない興奮を皆さんと一緒に楽しめたらと思います。選手の皆さんの勇姿を一緒に感じましょう」と呼びかけている。