元気いっぱい練習の成果披露 津山で「こどもオンステージ」

©株式会社山陽新聞社

迫力ある演奏を披露した桜太鼓倶楽部

 和太鼓、フラダンス、合唱、クラシックバレエなどに取り組む子どもたちによる「第22回つやまこどもオンステージ」が9日、津山市新魚町のベルフォーレ津山で開かれ、3歳から高校生までが元気いっぱいに練習の成果を披露した。

 作州地域を拠点に稽古を重ねる10団体から約150人が出演。津山少年少女合唱団は9人で踊りながら人気曲「パプリカ」など3曲を合唱し、鶴山桜太鼓の子どもグループ・桜太鼓倶楽部の11人は一糸乱れぬ力強い演奏で観客を魅了した。

 津山鶴丸太鼓は15人が大きな声を出し、迫力あるばちさばきを見せた。この日のリーダー津山東高2年の男子学生(17)は「全員ができることを精いっぱいした。練習以上の演奏ができたと思う」と満足そうだった。