岸田氏「ポスト安倍」構想を披露

国民の一体感重視

©一般社団法人共同通信社

 自民党の岸田文雄政調会長は12日、熊本市で講演し、安倍晋三首相の後継「ポスト安倍」候補として、政権構想の一端を披露した。東京五輪・パラリンピック後の国の在り方として「国民の一体感」を重視する姿勢をアピール。中小企業や中間層への分配、多様性を尊重する社会の実現を挙げ「時代の流れはそうした方向だと信じている」と語った。

 同時に「自分たちさえ良ければいいと、堂々と言う大国が出てきている。分断から協調への流れをリードする国でありたい」と強調した。